メイン

2013年12月27日

アへのモヒカン

今日は年内最後のUPになります。
年内最後はニセスズ振的にドッティで〆たいと思い
アへで見たDusky Dottyback(Pseudochromis fuscus)の
”モヒカン”バージョンです。
いままでバリでしか見ていませんでしたがアへにも
いると言うことは、このバージョンの分布も意外に
広いのかもしれません。


posted by mdx2 at : 19:03 | コメント (0)

2013年12月26日

撮ってるときは気がつかない

今日はPINK-SPOTTED SHRIMPGOBY(Cryptocentrus
leptocephalus)です。
一見オイランハゼで、撮ってる間もオイランハゼだとばかり
思っていました。
この子は、パラオ(ペリリュー)で見たことはあったのですが
初UPです。


posted by mdx2 at : 21:33 | コメント (0)

2013年12月25日

オツムテンテン体もテンテン

Barnes' garden eel(Gorgasia barnesi) です。
パプアからフィリピン南部辺りの固有種らしいです。
どのガーデンイールもそうですが、近寄らないと
特徴はわからないのに、近寄ると引っ込むので
結局特徴はわからない・・・
でも、この子は比較的近くまで寄ることができました(*^^)v


posted by mdx2 at : 20:06 | コメント (0)

2013年12月24日

ガイドの仕事

今日はDenise's Pygmy seahorse(Hippocampus denise)です。
この子はハウスリーフの子なのですが、アホなマネージャーは
自分で探せとほざいてました。
アへでは、諸般の事情によりセルフで潜っていたのですが、
ここだけはガイド(と言ってもダイマスすら持ってないそうですが)
がいっしょに潜って教えてくれました。


posted by mdx2 at : 19:01 | コメント (0)

2013年12月23日

地域性?

今日は恐らくメガネハギ(Sufflamen fraenatum)の
幼魚、約3cmです。
日本で見られるメガネハギとは模様が異なるのですが
ネットで画像検索していた中で、一番模様が似ていた
のはMasked Triggerfishのハワイで撮影されたものでした。


posted by mdx2 at : 20:18 | コメント (0)

2013年12月22日

アへ再び

これから年末までの数日は5月のアへで
報告できていなかった子を報告します。
まずはAllan's Tubelip Wrasse(Labropsis alleni)です。
マナベベラ属の子です。成魚でも10cmくらいの
比較的小型のベラですが、写真の子は5cmくらいで
体に縦ラインが入っている若魚です。
日本では見られませんがバリから東の西太平洋で
広く見られる種のようです。
我が家ではお初でした。


posted by mdx2 at : 20:51 | コメント (0)

2013年06月21日

ちびっ子のウナム

今日はGray-tail Angelfish(Chaetodontplus cf. mesoleucus)
の可能性のある幼魚、約1cmです。
現地ではチリメンのちびっ子だとばかり思ってましたが
尾びれが黄色くないんですよねぇ。
大きいのも撮っておけば良かった・・・

動画もどうぞ!
ちょいデコ動画(25sec)

posted by mdx2 at : 18:26 | コメント (0)

2013年06月20日

ちびっ子のウンパット

今日はCoral Beatuy (Centropyge bispinosa)、
ルリヤッコの幼魚、約3cmです。
ルリヤッコもなかなか撮りずらい系の子ですが
この子はしばらく気がつかずにうろうろ
してたので、なんとか撮れました(*^^)v

動画もどうぞ!
ちょろちょろ動画(23sec)

posted by mdx2 at : 20:18 | コメント (0)

2013年06月19日

ちびっ子のティガ

今日はToweyed butterflyfish (Coradion melanopus)
の幼魚、1.5~2.5cmです。
最初に見つけた時はうじゃうじゃいたのですが
撮ろうとライトを向けたら残ったのは数匹でした(-"-)

動画もどうぞ!
ちびちび動画(30sec)

posted by mdx2 at : 19:35 | コメント (0)

2013年06月18日

ちびっ子のドゥア

今日はSeychellesButterflyfish (Chaetodon madagaskariensis)
マダガスカルチョウチョウウオの幼魚、約3cmです。
この子はハウスリーフにいつもいましたが、ハウスリーフ
に入る時はFlasher目当てなので、なかなか撮って
もらえませんでした(^_^;)

※ベニオから名前を修正しました。

posted by mdx2 at : 20:14 | コメント (0)

2013年06月17日

ちびっ子のサトゥ

今日はシマヤッコ(Centropyge multifasciata )の幼魚約3cmです。
アへでは、これでもかってくらいにシマヤッコ
を見ましたが、幼魚サイズはこれより小さい
のは見れませんでした。
過去最少はサイパンで見た子ですが、ちびっ子
感でちょっと負けてるかも

動画もどうぞ!
ちびしま動画(36sec)

posted by mdx2 at : 18:31 | コメント (0)

2013年06月16日

動きはシマイソ、見た目は・・・

今日はアへに戻って、正体不明の子です。
見た目からはイソハゼ系で、WHITESTRIPED
PYGMYGOBY (Eviota guttata)が第一容疑者
SQUAREBELLY PYGMYGOBY
(Eviota punctulata)が第ニ容疑者です。
でも、動きはシマイソだったんですけどね・・・


posted by mdx2 at : 18:36 | コメント (0)

2013年05月24日

地域色?!

今日はBANDA Coralblenny (Ecsenius bandanus)です。
Banda combtooth blennyとも呼ばれます。
バンダ海の固有種とのことですが、インドネシアから
パプアニューギニアにかけて広く分布しているようです。
前にもバリで良く見ましたが、
バリで見た子は目元の黒いラインの
上下や目に黄色は入りません。

2cmくらいのちびっ子です。
お腹のブルーも目立ちます。

約4cmの成魚サイズ

たまにバリタイプの黄色くない子もいました。

posted by mdx2 at : 18:48 | コメント (0)

2013年05月23日

素顔の美人ちゃん

今日は今一正体不明のベニハゼです。
顔がホシクズ、体がサイパンの通称”ビジンちゃん”
同じようなストライプ模様です。
ちなみにサイパンの通称”ビジンちゃん”はEast Indiesで
SPLENDIS Dwarfgoby(Trimma preclarum)と登録されています。

やっぱり、美人ちゃんにしては顔が地味です

動画もどうぞ!
素顔動画(37sec)

posted by mdx2 at : 19:00 | コメント (0)

2013年05月22日

かわいいひと

今日はREDSPECKLED Dwarfgoby (Eviota rubrisparsa)です。
インドネシア近海(西はクリスマス島から東はパプアまで)の
固有種のようです。
(ち)はラジャでも見たことがあると言ってますが、UPは
初めてです。
ちなみに(よ)は全然気がつきませんでした(^_^;)


posted by mdx2 at : 19:52 | コメント (0)

2013年05月21日

ベニハゼの四

今日はBlackspotted Dwarfgoby (Trimma sp)です。
過去にバリでも見ていますが、アへの子は体の色
が黄色いのが特徴です。

でも、バリタイプのオレンジの子や

中間っぽい色の子もいました。

(よ)が見た子は、黄色タイプがほとんどで、しかも顔が青く、
正面からはサイパンタイプのアオベニのような感じでした。
黄化?動画(48sec)

posted by mdx2 at : 20:04 | コメント (0)

2013年05月20日

一期一会

今日はYellowspotted Anthias (Pseudanthias flavoguttatus)、
アサヒハナゴイです。
日本ではどこも40m以深なので、我が家には縁のない
子だと思っていました。
しかし、アへでは25mくらいでお会いすることができました(#^.^#)
たぶん、もう二度とお会いすることはないと思います(^_^;)

別の日に見たちびっ子たち、約2~4cmです。

動画もどうぞ!
よこむかん!動画(30sec)
かくれんぼ動画(28sec)

posted by mdx2 at : 18:14 | コメント (0)

2013年05月19日

ひとりで見た

今日はMany-lined Basslet(Liopropoma multilineatum)です。
なんとなく気になって除いた穴に居ました。
この子は(よ)のひとり見&あんまり時間の余裕がなかった
ので証拠映像レベルです。
もっとも、ハナスズキ系の子は粘っても撮れない
ことが多いですけど(^_^;)

動画の方が見やすいかも!
証拠画像動画(11sec)

posted by mdx2 at : 18:04 | コメント (0)

2013年05月18日

ニセスズ振報告のティガ

今日はニセスズ報告です。
アへの海で3番目に多かったのはTwo-lined Dottyback
(Pseudochromis bitaeniatus)です。
この子はスマトラ以外のインドネシアでは見ることが
できる子ですが、アへでは多かったです。
ただ、通常は頭の方が黄色っぽいのは成魚なのに
対し、アへの子は幼魚の方が頭が黄色く、成魚の方が
頭が黄色くない子が多かったです。
もしかしたら、別種かも・・・

3cm以下の幼魚も多かったです(#^.^#)


posted by mdx2 at : 17:09 | コメント (0)

2013年05月17日

地味な固有種

今日はCendrawasih Damsel (Amblyglyphidodon flavopurpureus)、
チェンドラワシ湾の固有種スズメダイです。
ナミとかヤマブキ系の子で、サイズもおんなじ感じ。
あんまり綺麗な感じではなく、固有種でなければ
間違いなくスルーされると思われる(怒られるか?!)
かわいそうな子です(^_^;)

成魚サイズ10cm強です。

ちょっと小さめ8cmくらい

約3~4cm

そして(ち)が幼魚と信じてる約1.5cmの子です。

posted by mdx2 at : 19:50 | コメント (0)

2013年05月16日

ベニハゼの参

今日はSHEPPARD'S Dwarfgoby(Trimma sheppardi)です。
学名からはニンギョウベニハゼなのですが、なんとなく
違和感がありました。
「日本のハゼ」では頭部に4橙色横線となっていますが、
「East Indies」ではピンクの頭部、半透明の黄色の体で
頭部に赤い3本の線との記載になっています。

同じ学名でも、地域差があると言うことですかね。


posted by mdx2 at : 18:18 | コメント (0)

2013年05月15日

ベニハゼの弐

今日はCHEN's Dwarf-goby (Trimma cheni)です。
この子も「誰だぁ~」ってわからない状態で、
ホシクズに似てるけどなんか違うと(ち)と話してました。
帰ってきて調べたら、目の下の2本のオレンジラインが
特徴でした。


posted by mdx2 at : 18:13 | コメント (0)

2013年05月14日

ベニハゼの壱

今日はFang's Dwarf-goby (Trimma fangi)です。
アへには変わったベニハゼが結構いました。
体大丈夫?って声をかけてあげたくなる子です(^_^;)


posted by mdx2 at : 19:08 | コメント (0)

2013年05月13日

実は撮りにくい

今日はCENDERAWASIH Fusilier(Pterocaesio monikae)です。
Monika's Fusilierとも呼ばれます。
やはりチャンドラワシ湾の固有種です。
この子達は一見撮りやすそうなのですが、こういう
群れものの方が、個体の写真は撮りにくかったりします。


動画もどうぞ!
群れ動画(15sec)
個体動画(39sec)

posted by mdx2 at : 20:18 | コメント (0)

2013年05月12日

似て非なるアゲイン

今日は全スズ振非会員の報告になります。
PRICE's Damselfish(Chrysipetera pricei)です。
一見Bluespot Damselfishの幼魚にそっくりですが
チャンドラワシ湾の固有種です。

この子は4cmくらいですが、Max5cmくらいの種な
ので大人サイズです。

こちらは3cmくらい

そして1~1.5cmクラスの幼魚です。


posted by mdx2 at : 19:51 | コメント (2)

2013年05月11日

ニセスズ振報告のドゥア

ドッティ報告の第2弾は、PAPUAN Dottyback
(Pseudochromis sp.)です。
初日に見たときは、てっきりホシだと思って撮って
いたのですが、(ち)の撮った方には、特徴的な
目の下のラインや背びれ基部のオレンジ色が良く
出ていてパプアンであることが判明。
それにしても、鱗中央が黄色いところもホシそっくり
ですが、DNA解析では確実に別種であるとのこと。
チェンデラワシ湾でしか報告されていない固有種
です(*^_^*)

約2cmの幼魚です

動画もどうぞ!
ちょっとだけ違う動画(60sec)
ほとんどいっしょ動画(58sec)

posted by mdx2 at : 20:09 | コメント (0)

2013年05月10日

ニセスズ振報告のサトゥ

ドッティ報告の第一弾はCENDERAWASIH Dottyback
(Pictichromis caitlinae)です。
(よ)の第一目標でした。
チャンドラワシ湾のみの固有種なのですが、アへでは
ちょ~普通種でした(*^_^*)

成魚サイズでも5cmちょっとの小型です。

お腹側は黄色というより白くなります。

お腹のでかい子もいました。

幼魚3cm以下の子がたくさんいました(#^.^#)

動画もどうぞ!
黄疸顔動画(39sec)
ちびっこ動画(48sec)

posted by mdx2 at : 19:02 | コメント (2)

2013年05月09日

ちょーむず

今日はWalton's FlasherWrasse(Paracheilinus walton)
です。この子もチェンデラワシ湾の固有種です。
(ち)曰く、背びれの感じはブルー、ボディの色は
フィラメントっぽく、色そのものは違うけど、体色の
変わり方や尾びれの形や色はナーサリム、との
ことです。
それにしても、ライト当てるとすぐに色が褪めるし、
動きはすごい不規則でむっちゃ撮りにくい子でした(^_^;)


オスとメス

色が褪めたオス

たくさん居ましたが・・・


動画もありますが、今回のWaltonはうまく
撮れていません。
ライトが当たると、すぐ興奮状態が冷めてしまうので、
興奮状態はしょぼいライティングでしか撮れませんでした。
一応興奮動画(24sec)
アクティブ湯あみ動画(3.7sec)

5/12追加
たぶん幼魚です。忘れてました(^_^;)


posted by mdx2 at : 20:34 | コメント (4)

2013年05月08日

探しだしました!

今日はCENDERAWASIH Fairy-Wrasse(Cirrhilabrus cenderawasih)です。
この子もチェンドラワシ湾だけで報告されている固有種です。
今回はのアへ行きの目的は、アへでしか見られない
固有種を撮ってくることがメインで、この子もその一つ。
もちろん、すべての制覇はできませんでしたが、ベラーの
(ち)はどうしても押さえておきたい子だったので、ひっしに
探し出しました。でかした!
East Indiesの写真では尾びれが写っていませんでしたが、
現物は尾びれが青光りしてすごくきれいな子でした(#^.^#)

メスです。約5cmくらい。

そして、おそらく幼魚と思われる子です。
2~3cmくらいです。


posted by mdx2 at : 21:35 | コメント (5)

2013年05月07日

間違い探し?!

アへ報告の第一弾はCenderawasih Longnose Butterflyfish
(Forcipiger wanai)です。チェンドラワシ湾のみの固有種です。
はっきり言って、ほとんどオオフエヤッコです。
どこが違うかわかりますか?

こちらは、約4cmの若魚です。
形状はほとんど変わることはなく、吻が短めってくらい
しか違いがありません。

posted by mdx2 at : 20:44 | コメント (2)